ご利用方法

  1. ツール概要
    1. キーワード登録からグラフを見るまでの流れ
  2. キーワード登録
    1. 画面の説明
    2. キーワード番号1(赤枠内)基本設定
    3. キーワード番号2(青枠内)応用設定
    4. 集計結果
  3. グラフの見方
    1. 概要
    2. 基本グラフ
    3. 指定の順位のグラフだけを表示
    4. ページタイトルとURLの切替
    5. 表示期間の変更(最大400日間を表示可)
    6. 最終日の変更(先月末を基準に過去30日間を表示可)
    7. 指定URLだけ色付き表示(自社、競合を問わず設定可)
    8. 一括4グラフ(PCとスマホの検索結果を重ね表示)
    9. 変動グラフ
    10. インデックス数推移グラフ1
    11. インデックス数推移グラフ2
    12. その他
    13. 注意事項など

1. ツール概要

キーワードの登録から、グラフをご覧頂くまでの流れは下記の3画面(3ステップ)となります。

下記の3画面は、左から、キーワード管理ページ、集計ページ、グラフページです。
こちらの3つを覚えて頂くだけで、集計結果からグラフまで、全てご覧頂けます。
  1. キーワード管理ページ
    ログイン後、画面右上の「管理」をクリックすると、この設定ページを表示します。
    キーワードなどの登録は、全てこのページで行います。
    でキーワードなどを設定すると、集計ページのに設定内容が反映されます。
  2. 集計ページ
    ログイン直後の画面となり、画面右上の「集計・グラフ」をクリックしても、このページを表示します。
    のキーワードでの日々の検索結果順位が、右側のに表示され、その集計件数がに表示されます。
  3. グラフページ
    集計ページのをクリックすると、各キーワードのグラフを表示します。
    のグラフ内の「順位」や「■」をクリックすると単独表示等の応用グラフをご覧頂けます。
概要

2. キーワード登録

画面の説明

左側は「キーワード管理ページ」、右側は設定した内容を表示する「集計ページ」です。

どちらも、左端の列に表示さている番号が、キーワード番号となります。
この数は、お申し込み頂いたキーワード数分表示され、設定できます。
概要

キーワード番号1(赤枠内 だけを設定した場合)

キーワード番号1は、キーワードだけを設定した基本形となります。
右側「キーワード一覧画面」には、キーワードだけが表示されます。

キーワードの右側は、Gpc、Gsp、Ypc、Ysp の4段になっており、
クリックすると、下記のような、それぞれの検索結果上位50位の全推移グラフを表示します。
順位の数字をクリックしたり、ページタイトルにマウスを乗せて、単独のグラフを見ることも出来ます。
説明用グラフ1

画面の説明(再表示)

次の説明用に、上記の画像を再度表示します。
概要

キーワード番号2(青枠内 ① ② ③ ④を設定した場合)

キーワード番号2は、キーワードの他に、URL、 URL、作業内容・メモ、を設定してあります。

URLを設定すると、のキーワードで検索した際の順位を数字で見ることが出来ます。

に設定したキーワードはに表示され、 に設定したURLはに表示されます。
キーワードで検索した際、URLが何位だったかという順位が、右側に表示されます。
列が「○日前の○月○日」を表し、行が「どの検索エンジン」での結果かを表します。

サンプル内の、「4」という数字は、「2日前の、○月26日」に、
「Ypc」で検索した結果、順位が「4位」だったと言うことを表します。
同様に、Gpc、Gsp、Ypc、Ysp 毎の検索結果順位を見られます。

こちらのサンプルでは、過去10日間の順位が表示されていますが、
ご覧になっている画面の横幅サイズに合わせて、最大30日間を表示します。
また、順位の色は前日比で変わり、上昇は赤、同じはグレー、下落は青となります。

URLは、1キーワードにつき最大20件登録できます。
1つのキーワード毎に、最大20のURLの推移を数字で見られます。
(グラフだけでしたら50位まで全て見られます)

こちらのサンプルでは、URLを3つ設定してありますので、
右側の「キーワード一覧画面」は、ブロックがⓐ ⓑ ⓒの3つになっております。

下のページタイトルは、50位以内に入っている場合に限り自動で表示されます。(50位未満表示不可)

URLにはドメインなどを入力しておくと、グラフ表示時に、入力内容を含むページのグラフを表示します。
作業内容・メモ はグラフを表示した際に、反映されます。
入力は、「2018/01/23作業内容、、、」という様に、作業年月日に続けて作業内容を入力して下さい。
1行に1件で、最大50件登録できます。(同一年月日の複数登録は出来ません)

下記のグラフが、URL、URL、作業内容・メモ を設定してある場合の例です。
URLの設定に該当(一致)するページのページタイトル左の四角が ■ になって表示されます。
URLの設定に該当(含む)するページのページタイトル左の四角が □ になって表示されます。
作業履歴を設定しておくと、日付が青色太字で表示され、マウスを乗せると登録内容を表示します。
説明用グラフ2

集計結果

こちらは、キーワード一覧の上に表示されている表です。
こちらには、検索した結果の順位が、前日比で、上昇、同じ、下落が、それぞれ何件だったかを表示しています。

右上の赤枠内が、最新日の全ての結果のまとめとなり、この数字の値が多い日ほど大きく動いたと言うことがわかります。
下記のサンプルでは、上昇30件、同じ97件、下落10件、その他27件です。
「その他」とは、「長期間50位未満」や「当日のデータ収集中」を表します。

その下の4つのブロックは、内訳となる、Gpc、Gsp、Ypc、Ysp 毎の結果となります。

先程のURL設定は、基本的には自社ページのURLを設定しますが、
競合他社のURLも設定したい場合があるかと思います。

その際は、URLの前に半角の「@」を入れると、順位は表示しますが、この件数としてはカウントしないように出来ます。
設定例:@https://xxxxx.xxx
概要

3. グラフの見方

1.概要

  • グラフは Ⓐ Ⓑ Ⓒ の3種が基本となり、登録したキーワードの数だけ存在します。
    • : 上位50位の推移(50位以内のページであれば、自社、他社問わず閲覧可能)
    • : インデックス数の推移(検索エンジンに登録されているページ数の推移)
    • : 検索順位の変動(総合、キーワード別の両方の変動を重ねて表示)
  • ⓐ ⓑ は、 を基本に、表示する線の数を変えた状態です。
    • : の中から指定した1ページだけの推移(1ページだけの推移をスッキリと見たい時用)
    • : の中から指定した複数ページの推移(自社の複数ページや競合他社との比較用)
  • は、Gpc、Gsp、Ypc、Ysp の の4種を重ねたグラフとなります。
概要

2.基本グラフ

指定キーワードによる検索結果の、上位50位の30日間の推移グラフです。
線が多く、上位以外は見にくいので、概要を見る感じとお考え下さい。

1〜10位までをそれぞれ異なる色の太線に、11〜20位は同色の細線にし、線を追いやすくしてあります。
21以下は濃さの違う3色のグレーにしてあります。

グラフ内にあるの概要は下記の通りで、詳細は順にご説明致します。
説明用グラフ

3.指定の順位のグラフだけを表示

説明用グラフ
下記のサンプルは、5位、7位、11位をクリックしている状態です。
説明用グラフ

4.ページタイトルとURLの切替

説明用グラフ

5.表示期間の変更

表示期間変更説明
下記のグラフは、表示期間を180日間にしたサンプルです。
(全ての線を表示すると見にくいので、1〜5位だけを表示しています)
このグラフは、どのページが、どのような推移で上がってきたか、落ちて行ったかがわかります。
日付は、お使いの画面サイズにより日曜日だけになる場合があります。
説明用グラフ

6.最終日の変更

表示期間、最終日変更フォーム
下記のグラフは、最終日 を4月30日にした例です。
この日を好きな日に戻せると言うことです。

また、このグラフですと 4/1〜4/8 の2位のページがどこなのかわかりません。
その場合、最終日を4/8にして、そのときの2位と、その推移を見る、ということも出来ます。
説明用グラフ

7.指定URLだけ色付き表示

表示期間変更フォーム
説明用グラフ

8.一括4グラフ

説明用グラフ
説明用グラフ

9.変動グラフ

多くのキーワードの総合的な変動と、ご覧になっているグラフのキーワードの変動状況を表示しております。
キーワード別の変動値はあまり参考になりませんが、総合的な変動値の方は、参考になるかと思います。

こちらのグラフは、毎日 8:00 頃に更新しております。
説明用グラフ

10.インデックス数推移グラフ1

こちらのグラフは、検索したキーワードでのインデックスされているページ数です。
検索結果順位推移グラフの下に表示してあります。
検索時によってインデックス数は大きく変化するので、参考程度にご覧頂ければと思います。

また、Googleのスマホ検索はインデックス数は表示されておりませんので、グラフも表示しません。
説明用グラフ

11.インデックス数推移グラフ2

こちらのグラフは、指定ドメインのインデックス数です。
キーワードの代わりに、「site:www.xxxxx.xxx」と言うように site:コマンドでドメインを登録するとご覧になれます。
ただし、値は正確で無いと言われているようですので、参考程度にご覧頂ければと思います。
説明用グラフ
インデックス数推移グラフ2の、180日間のグラフです。
説明用グラフ
こちらは、site:コマンドでドメインを登録した時の通常のグラフです。
サイト内でのページの順位を確認する参考になるかもしれません。
説明用グラフ

12.その他

お申し込み直後はデータがありませんので、こちらのように過去のデータ部分は空白となって表示されます。
説明用グラフ

注意事項など

グラフのサイズは、出来るだけ大きく見られるように、画面幅一杯に表示します。
また、画面の大きさを変えると、それに合わせてグラフを表示し直します。
※その際、特定の線だけを表示する選択などは一度クリアされますのでご注意下さい。
↑TOP